ノルバスクで減らすリスク

ノルバスクとは、高血圧症や狭心症などの治療に用いられる医薬品になり、特に高血圧に対して優れた効果を発揮すると言われています。血管を広げて血流を良くするという効果があり、安全性も高い薬として知られています。

試してガッテンでタオルで高血圧対策とノルバスク

高血圧症との診断をされた現代人は、かなり多いです。
いまや、国民病と言ってもいいほどでしょう。
もともと、塩分の多い食生活に親しんできた日本人ですが、昨今は、加工食品やインスタント食品を多く食すようになり、一層、血圧を上げる方向へと向かいつつあるのが現実です。
高血圧症を放置していると、いずれは動脈硬化になり、ひいては心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす事態になるかもしれません。
できるだけ、早いうちに対応することが望まれます。
NHKのテレビ番組『試してガッテン』でも高血圧症対策を取り上げていました。
『試してガッテン』が紹介していたのは、タオルを2分握って1分休むという手法です。
やり方は簡単です。
指が届かないくらいの厚さでタオルを握り、その形で、2分握って1分休む、という動作を、左右2回ずつ行うだけでいいのです。
高血圧症の人が、実際にタオルを使ったやり方を行ったところ、7人中6で血圧が低下したのです。
そればかりではありません。
そのうち5人が、血管の柔らかさを示す指標が改善していた、というのです。
これは、握るのをやめたときに、血液が一挙に流れ出す刺激によって血管の壁の内側が刺激されて、血管を柔軟にする物質が放出されるから、血圧が下がるのだと言われています。
『試してガッテン』が紹介していたタオルグリップ法なら、家庭でも簡単にできます。
なお、薬を使っての治療なら、ノルバスクが推奨されます。
ノルバスクは、血管を拡張させて、血液の流れが良くなることにより、高血圧の症状を改善するのです。
薬につきものの副作用もほとんどなく、安全性が高いというので、医療現場では、ノルバスクが処方されることが多いです。
ノルバスクは、全世界で高血圧症の治療に役立っています。