• 抗けいれん薬と服用不可のノルバスク内視鏡検査に注意

    2016年10月1日

    ノルバスクは高血圧や狭心症で処方される薬ですが、飲み方について配慮しなければならない薬です。カルシウムが、血管内や細胞内に取りこまれることで収縮してしまうことを防ぐ成分が入っているカルシウム拮抗薬であり、服用すると筋肉がゆるみ、心臓へ血液を運んでいる冠状血管などが拡張することで血圧が下がったり、狭心...

    記事の続きを読む